ももやまだいのいろいろブログ

京阪神のさまざまなところに出没する人のブログです

ももやまだいのいろいろブログへようこそ

ももやまだいのいろいろブログへようこそ。
更新頻度が大変低いブログですが、気ままにやっていこうと思っております。よろしくお願いします。

[前ブログ]
Ms-21617の奮闘記

[撮影日誌]
Ms-21617の撮影日誌

[記録写真館]
Ms-21617の記録写真館
スポンサーサイト

引退した10系

また更新頻度が空いてしまいました。更新方針を変えて30000系の記事を書いて以来、まったく更新をしていませんでしたね・・・。
こんな感じで気まぐれに更新していく感じでやっていこうと思います。

さて、前回に記事を書いたのが昨年の11月。10ヶ月の間が空いてしまいましたがこの間に御堂筋線はかなりの変化が発生しています。
その変化を順々にまとめていこうと思います(続くかはわかりませんが)。

この10ヶ月で30000系は2編成増備され前回紹介した31604Fの代替を含めて3編成の10系が引退しました。その3編成を紹介していこうと思います。

1106F
P1500270.jpg
P1770404.jpg
P1540178_2.jpg
以前紹介した31604Fの代替で1106Fが2016年12月に引退。10系の最初のリニューアル車ということで車内案内機も独特な形だった編成でした。

1114F
P1900976.jpg
P1370281_2.jpg
31605Fの代替で引退したのは1114F。2015年2月に車体洗浄を受けまだまだ安泰かと思われましたが、1106Fが引退した直後の16年12月10日頃から前年の1106Fと同じように休車となり17年3月に運用に復帰したものの、5月にあっけなく引退していました。1114Fといえば大阪市営110周年のラッピング車で1年を走った車両でした。また今では全国でも当たり前のようになっている座席のセンターポールを大阪市交の車両ではじめて設置したのもこの車両でした。ちなみに1114Fの離脱で、前照灯が電球の10系も消滅しています。

1109F
P2030240_2.jpg
P1110414.jpg
31606Fの代替で引退したのは1109F。前照灯がLEDに更新されていましたがお構いなく7月に引退となりました。
大きな特徴がある編成ではありませんでしたが、この1109Fの引退で、当時8両編成だった御堂筋線で営業を開始した1101Fの車両が全滅となりました。(1101Fの9両増結目的で製造された1901号車は現在も1124F内の1724号車として活躍しています)
P2030849.jpg
ちなみに1109Fは2013年の緑木検車場公開時に登場。1109号車は23606F(現24656F)の23906号車(現24956号車)と共にイベントの構内列車に登場していました。2017年現在、緑木公開時にイベントに登場した10系はこの時の1109Fのみとなっています。

P2160775_2.jpg
昨年の今頃はまだ9編成いた10系チョッパ車も1110F~1113F,1115F,1116Fの6編成を残すのみとなり30000系と同数になるまでにきました。10ヶ月に3編成が運用を離脱する10系。世代交代の波は急速に進んでいます。

パワーアップした300000系

久しぶりの更新です。Twiiterに浸っており、ブログの更新が疎かになっておりました。
今日から御堂筋線を中心とした大阪市交の話題を重点的においてちょくちょくと更新を再開していこうと思います。更新ペースは引き続き亀ペースが続くとは思いますが、よろしくお願いします。

さて、ここ最近におきた御堂筋線の出来事を特集していこうと思います。ここ最近の一番のトピックはなんといっても31604Fがデビューしたことでしょう。
P1460124.jpg
御堂筋線の30000系は2014年4月の31603F以来、2年ぶりの登場となりました。外観はこれまでと大して変わりないのですが、中身がガラリと変わりました。
P1460413_2.jpg
31604F最大の目玉である座席。従来のモケット張りから新幹線のクリーン車と同じ素材を使った座席が使用されています。また座席下には照明がつき明るくなっています。
P1460410_2.jpg
液晶も2画面になり大阪市交車でははじめて、広告放送が流されるようになりました。到着時には2画面を用いて駅情報などが流れる仕組みになっています。
P1460411_2.jpg
31603Fの一部車両で試験採用されたプラズマクラスター装置が本採用となりました。
その他の設備は大阪市交通局でも発表されています→http://www.kotsu.city.osaka.lg.jp/general/announce/w_new_info/w_new/list_h28_all/20161013_30000debut.html

P1460229_2.jpg
P1460433_2.jpg
既存の30000系(上)との内装比較。同一形式とは思えないぐらいの変化となりました。また車椅子スペースの位置も変化しています。
P1460425_2.jpg
また女性専用車両は荷棚の高さが低くなっているのが特徴です。

その他、制御装置のメーカーが変化しており走行音がこれまでの30000系と異なった音になっています。

今後もこのような30000系が増備されそうで楽しみが増えそうです。

2015年度の御堂筋線を振り返る

2015年度も残すところ1日となりました。明後日からはいよいよ新年度、2016年度が始まります。
そんな2015年度、御堂筋線、および北大阪急行では多くのことがありました。今回はその出来事を振り返ってみます。
P1070167.jpg
P1070770.jpg
車両新造、廃車は2014年度と比べると非常に少ない1年となり、北急で9003Fがデビューし8001Fが引退する程度に留まりました。しかし2016年度からは内装を大幅にモデルチェンジした30000系がデビューすることになっており、10系の置き換えがまた進むこととなりそうです。
P2280408.jpg
P1040989.jpg
一方で既存車の情勢は大幅に変化しました。2014年度末に登場した10系列のLED前照灯車が拡大。特にチョッパ車においては9編成中7編成がLEDに更新されました。また2016年に入って30000系が3編成ともLEDに更新されました。
P2240001_20160330231755958.jpg
21系のリフレッシュも15年度中に3編成に施工され、2年前の今頃は1本しかいなかったのが今や7本。現在も21606Fがリフレッシュに入場しており、まもなく半数がリフレッシュ車になろうかという勢いになっています。
また北急車では8006Fが機器更新を受けました。
P1030751.jpg
今年度は1106Fが15年10月から16年2月まで運用を離脱するという出来事もありました。現在は運用に復帰していますが検査期限が近づいてきており今後が非常に気になる車両です。

一通りまとめるとこのような形です。

新造
市交→なし 北急→9003F

廃車
市交→なし 北急→8001F

改造(足回りなどの大幅な改造、施工順)
市交→21608,21602,21604F 北急→8006F

改造(前照灯更新、施工順)
市交→1109,1117,1115,1112,1118,1111,1110,1113,31602,31603,31601F 北急→なし

車体洗浄
市交→1123,1118,1117,1119,1122F

このような形となり、ラッピング等を除いてなにも変化がなかった車両のほうが少ないぐらいの15年度でした。

2016年度はどのような動きが出るのでしょうか。新造廃車などの動きは今年度よりも大きくなりそうなだけに注目したいところです。

8001F引退へ

1986年にデビューした北急8000形のトップナンバーである8001Fが3月8日で引退することとなり、LASTRUNのHMが2月22日より掲出されています。
P1060932.jpg
P1060276.jpg
HMは8001 LASTRUNの文字に北大阪急行の社章マークが描かれたものとなっており、親会社の阪急で6350Fが8連運用から引退した際のHMに似たような雰囲気となっています。
P1070984.jpg
また8001Fの引退に先立って、8001Fの代替となる9003Fが2月27日より営業運転を開始しました。今編成からデザインが大きく変わり、30000系に雰囲気が似ていた側面はなにか外国の列車の雰囲気を感じさせるような雰囲気となっています。また前面も塗装され前の2編成とは大きく雰囲気が変わった編成となりました。

まだ8001Fが走っているため、8001Fと9003Fの共演もみられる状況となっています。残り1週間、8001Fには最後まで無事故で走ってもらいたいものです。

FC2Ad